BLDブログ

“試してみませんか?あなたのプロデュース力”

「俺ってこんなイケメンやった?」

「今日の私はいつもよりキレイやん」

最近、流行の自撮り写真。

あなたは自撮りをしますか?

自撮りに限らず、遊びに行ったときや、美味しいものを食べたとき、

何か面白いものに触れたとき、

スマホやタブレットでインスタグラムにあげることはありませんか?

国内でインスタグラムを利用している人は、

2018年11月の時点で約2900万人。

日本人の約4人に1人がインスタグラムを利用していることになります。

すごい数ですね( ゚д゚)

インスタグラムの醍醐味は、やはり写真ではないでしょうか?

写真がキレイに映っていると、「イイネ!」やコメントが付きやすくなります。

スマホやタブレットは、さまざまな加工機能が付いているので、

(おまけに画質もGood!)

本格的なカメラがなくても、大抵のものはキレイに写すことができます。

ところで、あなたがインターネットで商品を探すとき、

見栄えのいい商品が売られていると、

思わずページをクリックしたくなりませんか?

商品を購入するときの条件として、

文章説明文や発送条件も重要ですが、

写真映りが悪いと、その時点で商品を買う気が失せてしまいます。

これは、売る側にとっても同じ。

いくら、買いたくなるような文章や特典を付けても、

見た目が悪いと、商品が欲しいと思っている人から見向きもされません。

言わば写真映りは、第一選考のようなもの。

そこをクリアしてから、商品の説明文や発送条件などを参考に、

お客様が買うかどうかを判断します。

私たちはハンドメイドの雑貨や文房具用品を、

メルカリアプリで販売しています。

商品を売るまでの過程を説明すると、

まず、うちの会社のデザイナーさんが商品を企画します。

次に、手先の器用なスタッフさんが制作に取り掛かります。

商品が出来上がると、パソコンを使って説明文の作成と在庫管理をします。

そして、仕上げは撮影!

商品をパチリと写して出品します。

この、撮影がけっこう大事なんです。

ただ写すだけでなく、どうすればキレイに映るのか?

光の当て具合や、背景、商品の向きなど試行錯誤しながら撮影します。

やっぱりセンスですね~

商品撮影は売上アップのための必須のスキル。

でも、専門知識は必要ありません。

ちょっとしたコツを掴めば、キレイに撮影することは出来るんですよ。

私も、撮影が上手なスタッフさんに講座を受けたおかげで、

写真を撮るとき、被写体を意識するようになったり、

背景を考えるようになったりしました。

売上を上げるために、見栄え良く商品を見せる(魅せる)

モノを美しく見せることに関心がある方、

うちの会社に見学に来てみませんか?

自分が撮影した商品が出品されて、

買ってくれる人がいると、やりがいを感じますよv(@∀@)vィェ~ィ

もちろん商品を企画したり、

人と接するのが好きな人も大歓迎!

電話一本のご予約で見学は可能です。

電話番号:06-4705-8358

平日10時~16時の間に、

「見学希望です。担当の方はいらっしゃいますか」と、お伝えください。

電話はちょっと苦手だなと思うあなた。

メールアドレスを載せておきますね。

www.bldmail@gmail.com

こちらに、見学希望と書いていただきましたら、

担当の者から返信が届きます。

初めての場所で道に迷わないか不安のあなた。

HPの右上の会社概要をクリックしていただくと、駅から会社までの道順が書いてあります。

ぜひ、そちら参考にしてくださいね。

場所はツチノビル2Fになります。

目の前の大きな木と、緑色でテナント募集と書かれた看板が目印です。

私たちと一緒に会社を盛り上げていきましょう♪





次回の見学会 参加希望の方は、
こちらのページからお申し込み下さい!


障がい者就労継続支援A型事業所指定番号2719400851
ビジネス・ライフデザイン株式会社
https://bld.support/


洋服、古着の寄付
リスティング広告、PPC広告運用代行
SNSライティング代行、メルマガ代筆
ニュースレター代行(作成・印刷・発送まで)
マーケティング・セールスコンサルティング
売上げアップの相談や経費削減、労務管理。
各種相談。


関連記事

BLDブログ

古着や洋服の寄付のお願い

スタッフ(利用者さん)募集中!

大阪市で障がい(障害)や難病をお持ちの人の就職や求人を探している方は是非、私たちと働きませんか?

大阪市の障がい者就職求人に関するブログを読んでBLDのことをもっと知ろう!
ページ上部へ戻る